シェア

彼氏彼女と長く付き合うコツ10選

 
投稿者 福山真子. 更新された: 16 1月 2017
彼氏彼女と長く付き合うコツ10選

誰でも、彼氏、彼女と付き合い始めたら、長く付き合いたいと思いますよね。特に、前の恋愛が、長く続かなかった方、いつも一年未満で別れてしまう方、30代、40代の方で、今度の恋愛で最後にしたい方、などは、誰よりも、強く、「次の彼氏、彼女とは、長く付き合いたい!」と望んでいるのではないでしょうか。このように、真剣に、長く付き合いたいと思っている方は、多数いると思いますが、あなたは、どうですか。その一人でしょうか。ここでは、そんな方たちへ、とっておきのアドバイスをします。色々と長く付き合う秘訣、コツはあるのですが、その中でも、特に10個選び、彼氏、彼女と長く付き合う10選として、Hohoron.comではお届けします。興味がある方、また、友達から、「誰と付き合っても、長続きしなくて、困っているの。どうしたらいいかな」と、ご相談を受けている人、などなど参考になると思うので、こちらを読んでみてください。

同棲しない

まず、いきなりですが、同棲しないことを、オススメします。同棲してしまうと、常に一緒に家にいて、外でデートをするのも、特別でなくなってしまいます。やはり、彼氏、彼女とは、いつまでも、新鮮でいたいですよね。常に、一緒に、家にいると、色々と見たくないものも、見えてしまいますし、長く続かなくなってしまいます。同棲することで、早く関係が、終わってしまってしまうんです。同棲しなかったら、長く続くものを、これで早く終わってしまっては、悲しいです。ですから、好きでも、同棲しないほうが、結果、長く続くと思いますよ。

強制しない

関係を、長く続けるためには、毎日メールや、電話を、強制にしないことです。強制にしてしまうと、それができなかった人に対して、「なんでメールくれなかったの?」とか「なんで電話してくれなかった?」と相手を責める形になってしまいます。これは、喧嘩、しいては、別れのもとになってしまうので、そんなルールみたいなものを、作るのはやめましょう。お互い、時間がある時、電話したり、メールしたり、しようと、提案するのがいいでしょう。二人の関係は、自由であるというのが大切で、リラックスした環境で続けていくようにしましょう。

記念日を大切に

記念日を大切にすることです。特に、一年記念、半年記念などの、区切りには、いつもと違って、盛大にお祝いすると、記念に残るし、思い出にもなるし、いいでしょう。男性なら彼女を、ステキなレストランに誘い出したり、花の一本でも、プレゼントするといいでしょう。女性なら、小さいお菓子、例えば、クッキー、ケーキ、マフィン、マドレーヌなどなど、プレゼントしてあげたら、喜ばれるでしょう。やはり、何と言っても、男性は彼女の手作り品に弱いものですから、それをプレゼントして、愛を伝えるのはいい手段だと思います。こうやって、節目、節目を、大切にしていったら、二人の関係も、長く続くのではないでしょうか。

相手を思いやること

次に、彼氏、彼女と長く続ける方法は、相手を思いやることです。当たり前のことですが、人間、どうしても怒っている時などは、相手の立場になって考えられず、自己中心的になってしまいます。しかし、そんな時でも、相手の立場に立って、思いやることが大切なんです。あなたは、彼氏、彼女のことを、本当に思いやることができていますか。自分を、中心に考えるのではなく、相手なら、どう思うかなと、考えて、行動しましょう。あなたの彼氏、彼女が、あなたの思い通りに、行動してくれなくて、「どうして、こうなるの?」とか「どうして、これができないのかな?」などと考えてはいけません。相手は、あなたではない別の人間なんですから、違う行動をとって、当たり前、大きな心を持つことが、関係を長く続かせるコツなんです。

自立する

5つ目のアドバイスは、お互いが、自立し、自分のことは、自分でし、相手に依存しない関係を築くことです。相手に依存して、頼ってしまうと、二人の関係が、どうなるか、あなたは、想像できるでしょうか。ちょっと目をつぶって、想像してみてください。依存しすぎてしまうと、相手に負担をかけることになるんです。お互い、自分の仕事、勉強のこともあるし、自分の友達のこともあるし、自分の家族もいるし、そんな中で、さらに、彼氏、彼女に、負担をかけられてしまったら、たまったものではありません。誰でも、彼氏、彼女とは、リラックスして、やすらぎがある場所をそこの見出したいものです。ですから、そのために、一人一人がしっかりと、自立し、自分のことは自分で行い、彼氏、彼女だからって、甘えて、負担をかけるのを、やめましょう。事実、関係が長く続いている二人を見てみますと、お互い、自立していて、自分のことは、自分でする、大人なんです。あなたも、そうなれたら、関係が長く続いていくことでしょう。

感謝の気持ちを伝える

六つ目のアドバイスは、相手に感謝の気持ちを日々伝えていくことです。あまりにも親しくなりすぎると、相手が、何かしてくれるのが、当たり前になり、大切な「ありがとう」を言い忘れたりしてしまいます。例えばあなたも、思い浮かべてみてください。家族に最後、いつ「ありがとう」と言いましたか。親しき仲にも礼儀あり、ですから、相手に感謝の気持ちを伝えましょう。

努力する

七つ目は、相手に異性としてみてもらえるように、あなた自身が常に磨きをかけないといけません。男性なら、ジムに行き、鍛えるのもいいですし、女性なら、メイクを念入りにし、かわいく着飾ったり、太りすぎないようにダイエットも必要でしょう。常に新鮮な二人でいるために、努力しましょう。

我慢の限界、譲れない点を相手に知ってもらう

八つ目は、自分の我慢の限界、譲れない点を相手に知ってもらうことです。例えば、女の人の場合なら、彼氏が女の人と食事には、行ってもいいけど、ちゃんとそれだけは、事前に私に伝えて、などと、絶対に譲れない点を、事前に相手に教えておくのです。これは、長続きするために、必要です。

相手のテリトリーに踏み込みすぎない

九つ目は、あまり相手のテリトリーに踏み込みすぎないことです。誰もが人には、話したくないもの1つ、2つは持っているでしょう。だから、そこを無理やり聞かず、相手が話してくるのを待つんです。あまり深入りはよくないです。

話し合う

最後のアドバイスは、とにかく話し合うということです。長く付き合っていくには、お互い相性がよくないといけません。話し合って、お互いの趣味を見つけたり、長所を見つけたりして、相手のことを知っていきましょう。

まとめ

以上、10個アドバイスをご紹介してきました。長続きするための秘訣です。試してみてください。

彼氏彼女と長く付き合うコツ10選と関連した記事をチェックしたい場合は、恋愛のジャンルから探すことができます。

彼氏彼女と長く付き合うコツ10選に関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

彼氏彼女と長く付き合うコツ10選
彼氏彼女と長く付き合うコツ10選

トップに戻る