シェア

好意の返報性で好きな男性を惹きつける方法

投稿者 Kollama Yujiro. 更新された: 20 1月 2017
好意の返報性で好きな男性を惹きつける方法

恋愛で一番気になるのが、相手が自分のことをどう思っているかということです。よっぽど自分に自信があれば話は別ですが、相手が自分に対して好意を持ってくれているのかどうかは誰もが気になることだと思います。そんな時に大活躍するのが、好意の返報性です。今回Hohoron.comでは、好きになればなるほど相手が自分のことを好きになる「好意の返報性」で好きな男性を惹きつける方法をご紹介します。

また、恋愛テクニックの関連記事の

などもチェックしてみましょう。

従う手順:
1

好意の返報性とは

好意の返報性とは、好きになればなるほど好かれる法則のことです。簡単に説明すると、人は好意を受けるとそれを返したくなるという習性のことです。ミラーリング効果とも言います。例えば、プレゼントをもらったら、お返しをしようとしたり、優しくしてくれたら自分も相手に対して優しくしようとしたり、という風に、相手の好意に対してお返しをしたいと感じる心理的な法則です。この好意の返報性を恋愛のテクニックとして活用することで、相手から好かれる人間になれるのです。

職場編の男性が職場で好きな人にとる態度の記事もご参照ください。

好意の返報性で好きな男性を惹きつける方法 - ステップ1
2

好意の返報性から考える

例えば、好きな男性に告白する場合に、単に①「好きです」と告白するのと、②「好きです。だから付き合ってください」と告白するのでは、どちらの方が効果的でしょうか。

これを好意の返報性という観点から考えてみましょう。

もし、相手が自分のことを好きな場合は②「好きです。だから付き合ってください」と告白するのが効果的です。付き合ってくださいと伝えることでスムーズに交際に発展するからです。付き合ってとストレートに伝えるのがよいでしょう。しかし、もし相手が自分のことを好きではない、または自分のことを恋愛対象として意識していない場合は、話が変わってきます。

②「好きです。だから付き合ってください」と告白するのは、自分が好きだから付き合ってくれという一方的な好意で、交際を強要するようにも捉えられ、あまり印象はよくありません。このような場合は、単に①「好きです」と告白するのがよいでしょう。好意だけを伝え、見返りを求めないようにします。すると好意の返報性が働いて、相手の心に変化が生じます。

今までは好きだと感じていなかったけど、相手が好きと言うならば、こちらも相手のいいところを見つけてみようかなという心理が働き、自分のことを意識してくれるようになります。これは、心理的な傾向なのでこれで100%成功するという訳ではありませんが、好きと言われて悪い気はせず、付き合うことも強要されていませんので、印象もよくなり、好きになってくれる可能性があるということです。

好意の返報性で好きな男性を惹きつける方法 - ステップ2
3

本当に好きな人を振り向かせるには

コミュニケーションには、「言語コミュニケーション」と「非言語コミュニケーション」があります。好意の返報性に必要なのは「非言語コミュニケーション」です。

言葉よりも、態度や表情声のトーンやスピードなどです。それらの非言語コミュニケーションで、相手の男性に「私はあなたのことが好きですよ」という好意をアピールするのです。重要なのは、それが無償の愛であることです。

自分の無償の好意が大きければ大きいほど、相手に大きな影響を与えます。そのためには時間をかけて、あなたが彼のことを好きであることをアピールする必要があります。つまり、通常の付き合うことが目的の告白ではなく、さりげなく無償の愛であるかのように「好きだ」と伝える必要があるのです。

そのためには、まずはよく会話する間柄になることを目指します。そして、会話の中で彼を誉めます。「今日の服、かっこいいね。」「髪切ったの?似合っているね。」「手伝ってくれてありがとう。優しいね」など、ひたすら彼への好意を伝えます。そして、好意の返報性により彼が自分のことを意識してくれるようになるまで、ひたすら待ちます。そして時が熟したと判断したときに、「付き合ってください」と告白するのです。時間がかかり、面倒くさいと感じるかもしれませんが、自分のことを意識していない人に対してのアプローチとしてはとても効果があります。

やること自体は簡単ですので、気長にコミュニケーションをとり距離を縮め、最後に告白します。そのため、本当に相手の男性のことが好きで、なんとか振り向かせたいという場合にはおススメですが、ただ、彼氏を作りたいとか、早く彼氏がほしいという方にはお勧めしません。

本当に好きな人が出来た時にこの方法をお勧めします。また、この好意の返報性は、非言語コミュニケーションが届く相手でなければなりません。つまり、普段会ったり連絡を取り合ったりできる相手であれば効果がありますが、テレビで見るアイドルや雑誌で見るモデルなどには通用しませんのでご注意ください。好意を持っているという表情や姿勢、口調などが伝わる相手でなければなりません。

好意の返報性で好きな男性を惹きつける方法 - ステップ3
4

いかがでしたでしょうか。好意の返報性は人間心理を利用した方法ですので、うまく使うと恋愛の様々な場面で有利に働きますので是非参考にしてみてください。ただし、これで100%付き合えるという訳ではなく、あくまでその可能性を上げてくれるに過ぎません。

しかし、好きと言われてうれしくない人はおらず、特に男性は、女性から好きと言われて初めて意識するケースも少なくないので、もし本当に好きな人が出来てなんとか振り向いてほしいという時には是非試してみてください。

好意の返報性で好きな男性を惹きつける方法 - ステップ4

好意の返報性で好きな男性を惹きつける方法と関連した記事をチェックしたい場合は、恋愛のジャンルから探すことができます。

好意の返報性で好きな男性を惹きつける方法に関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

好意の返報性で好きな男性を惹きつける方法
51
好意の返報性で好きな男性を惹きつける方法

トップに戻る