シェア

お見合いのルールとマナーのまとめ 男性編

 
投稿者 Kollama Yujiro. 更新された: 16 1月 2017
お見合いのルールとマナーのまとめ 男性編

結婚相談所におけるお見合いの流れは、プロフィールと写真を見てお互いがお見合いを希望すれば、結婚相談所が日程の調整をします。相談所から日時の指定があり、ホテルのラウンジで待ち合わせします。結婚相談所のシステムや規模によって2人で、もしくは立会人を含めて待ち合わせます。なお、立会人は10分くらいで離席。落ち着いて話せる店をあらかじめ調べておき、女性をエスコートします。1,2時間会話して解散、その後お互いがもう一度会いたいと望めば交際スタートとなります。

髪型・服装に気をつかう

髪型も服装も、その人のイメージを変えます。真面目な印象になるよう心がけましょう。

髪型は、美容院でカットしてもらいましょう。予約時に、お見合い用にコーディネートしてほしいと伝えます。メンズカット+シェービング+眉カットトータル5千円~1万5千円が相場(美容院の場所、髪質により変化します)ですので、こういうところにはきちんと投資してくださいね。

服装は、スーツもしくはジャケットにシャツといったものがいいでしょう。ただし服のセンスは即席では身につきません。ですからこの際、代行サービスでも、デパートでも利用してください。デパートは予算と用途を言えば、うまく見繕ってくれます。とにかく、必要なのは、清潔か(シャツにシミがある、スーツにフケがついているは厳禁)、常識的か(派手・地味過ぎるは厳禁)ということ。最低でもこの2つに気を付ければ、女性の評価が急降下することはありません。

遅刻は厳禁

社会人として当たり前のことですが、時間は余裕を持って出かけましょう。交通手段は都内なら、渋滞のない電車がオススメです。ただし、急病人や人身事故、車両故障などで、電車が遅れるまたは止まる可能性もあるので、ルートは2つ以上押さえておくとよいでしょう。それでも遅れてしまいそうなときは、結婚相談所に遅れる旨を伝えます。すると相談所から女性に連絡がいきますので、相手の女性を見つけたらこちらから声をかけ、遅れたことを素直に謝りましょう。

2人だけなら男性がリードする

女性より早く着いたら、見つけやすいところに座って待ちましょう。相手を待つ姿勢は第一印象を大きく左右するので大切です。猫背だと貧相に見えますし、足を組む、股を開きすぎるなどは、謙虚さがなく、下品に見えます。浅く座り足を広げすぎないのが好ましいです。目があったら声をかけるのは男性の役目。相手の女性に名前を尋ね、自分の名前を告げ、あいさつを交わします。このとき笑顔であいさつできれば文句なしです。また移動の際は行き先を告げてから移動します。さらに移動の際は女性に歩幅を合わせ、ドアは、女性が通るまで抑える、といったことができるようになれば、あなたの評価は高いものになります。

2人で会話するときにはここが大切

まわりの音に合わせた声量で、終始にこやかに、かつ自分のペースを守りながら話しましょう。緊張して早口になった場合は、自分でもわかると思うので、「すみません、早口になってしまいました。」といって、本来の自分のペースを取り戻しましょう。また、会話は言葉のキャッチボールといわれるので、自分ばかり話す、相手の話をうまく聞けない、相手を質問攻めする、などはマナー以前の問題です。自慢話は控えて、相手の良いところを探すことが大切です。このような席ではタブーがいくつかあるので、ご紹介します。1.自分もしくは相手のこれまでのお見合いやこれから予定しているお見合いについてきく、2.初対面で過去の恋愛・結婚についての質問をする3.相手の女性への不満や中傷を口にする。これらは、常識で考えればわかるのですが、会話が続かない、舞い上がっているときは案外口にしてしまいがちなので気を付けましょう。

時間と費用について

2人で会話する時間は1~1.5時間が目安です。またお茶代は男性が払うのが基本です。この際、相手の女性がきちんと「ごちそうさまでした」といえるかを見るのは大切です。女性にもいろいろなタイプがいます。おごってもらって当たり前、という態度が見えたら特に要注意です。演技のうまい女性も多いので、見分けるのは難しいかもしれませんが、もし交際をはじめて女性がねだり上手だと思ったら、それば既に貢がせ慣れている証拠です。「プレゼントするなんて当たり前、この私をどれだけ満足させられるの?」といった高飛車な考えを持っていたりします。

本人同士の連絡先交換はタブー

人と会うと、思わず名刺交換してしまいそうですが、これはタブーです。トラブルを未然に防ぐため本人同士の連絡先の交換は絶対にしないでください。

お見合いが終わったら

出来る限り当日中に担当カウンセラーに連絡しましょう。交際を受けるか否かは、早く結論を出すのがマナーです。翌日までには結婚相談所に連絡しましょう。

ビジネススキルを恋愛に応用してみよう

ところで、あなたは自分に投資をしていますか?今はどんな職業でも様々なスキルを必要とされますよね。セルフイメージの向上、プレゼン能力、コミュニケーション力、傾聴、コーチング、…。聞いたことないし自分には関係ないと思ったら要注意です。セルフイメージは自分の価値観を見直すきっかけになりますし、プレゼンは、自分自身がいかに魅力的であるかを表現することに応用できます。コミュニケーション力は女性を飽きさせない、恥をかかせないなど、相手をいかに大切にしているかを伝えるためにどうしても必要なのです。ですから今からセルフイメージやプレゼン能力、コミュニケーション能力に関する書籍を読んだり、セミナーへ行ったりしてみませんか?意外な発見があったりするのでお勧めです。

お見合いのルールとマナーのまとめ 男性編と関連した記事をチェックしたい場合は、恋愛のジャンルから探すことができます。

お見合いのルールとマナーのまとめ 男性編に関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

お見合いのルールとマナーのまとめ 男性編
お見合いのルールとマナーのまとめ 男性編

トップに戻る