シェア

SかMか見極める方法

投稿者 Kollama Yujiro. 更新された: 16 1月 2017
SかMか見極める方法

よく「あの人はドSらしいよ」とか「あの人Mっぽい!」などと話しますよね。「S」は「サディスティック」の略、「M」は「マゾヒスティック」の略です。人は多かれ少なかれ、SかMかいずれかにあてはまると思いますが、相手がどちらのタイプなのか、特に好意を持っている異性に関しては気になりますよね。相手がS気質なのかM気質なのかを理解することによって、より良好な関係を築くことが出来るかもしれません。ここではそんなSかMかを見極める方法をお教えします。

こちらもオススメ: AB型男子と友達になる方法
従う手順:
1

Sの人の特徴

Sの人とは、相手をいじるのが好きで、他人に対して主体的・能動的に振舞いたいと思っている人のことです。話をしているときに相手から、「それ、おかしくない?」と突っ込みを入れられるとイライラする人が多いです。人からいじられるより、いじるほうが好きなので、あまりからかいすぎると敬遠されてしまう可能性があります。

一方で教育欲が旺盛な一面があるといわれており、困っている人には「俺がやってやるよ」「そこはこうすればいいんだよ」と、自分の知識を教え込もうとする場合は、Sの可能性があります。ある意味面倒見がよいといえるので、素直に従っていれば可愛がってもらえる可能性がある一方、主導権は自分が握っていないと気に入らないので、うまく合わせることが必要です。

また、主導権を自分が握っていないと気が済まないという面では、飲み会などで、注文を迷うことなく素早く決めることが出来るのもSの特徴ということができます。相手に決定権をゆだねることがあまりなく、自らが決断することが多いのはS気質といえます。逆に居酒屋などで、「好きなもの頼んでね」と相手にゆだねる場合はMである可能性が高いです。また、こだわりをもって鍋奉行をかってでる人もSだと思われます。

2

Mの人の特徴

Mの人は、相手からいじられるほうが好きで、他人に対して受け身・受動的でいたいと思っている人のことです。受動的なため、相手の感情に流されやすい一面があります。映画やドラマで感情移入して泣きやすい人はMの可能性が高いです。

また、Mの人は束縛されるのが好きな傾向があるので、「異性とは遊びに行かないで!」「異性とあまり仲良くしないで!」などの束縛をパートナーから言われた場合は素直に従う一面があります。

束縛されることで「愛されている」と思う方はM気質である可能性があります。また、基本的には受け身のため、相手に自由自在に合わせることが出来るのも長所です。その場の雰囲気を察して空気を読もうとします。どちらかというと、場の雰囲気を和ませたり、物事が円滑に運ぶように周囲に気を使うことが出来ます。

一方でSの人と比較して明確な自分の意思がないので、優柔不断な一面もあります

3

もっとも簡単にSかMか見分ける方法

上記のことを踏まえて、もっとも簡単にSかMかを見分ける方法があります。それは、「私の手の上に○○さんの手を置いてみて!」と言います。相手が「え?なんで?」とすぐに手を置かない場合はS、すぐに手を置く場合はMである可能性が高いです。なぜなら、Sの人は相手にリードされたり、他人に操作されることを嫌い、主導権を握ろうとするのですぐには手を置きません。

逆にMの人は相手のリードに従うので理由を聞いたり疑ったりすることなく、すぐに手を置きます。ちなみに、日本の女性にこの実験をやると、8割~9割の人が、すぐに手を置くそうです。国民性かもしれませんが、それだけ日本の女性はM気質があり、リードされたいと考えていることが分かります。

またS気質の女性でも、相手の男性がそれ以上のドSだった場合は、その男性の前ではMになることもあるようです。

SかMか見極める方法 - ステップ3

SかMか見極める方法と関連した記事をチェックしたい場合は、恋愛のジャンルから探すことができます。

SかMか見極める方法に関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

SかMか見極める方法
21
SかMか見極める方法

トップに戻る