シェア

女性からのデートの誘い方

 
投稿者 Rina H.. 更新された: 16 1月 2017
女性からのデートの誘い方

女性から男性をデートに誘うことは、気恥ずかしさ半分、楽しみ半分です。誘い方もあれやこれ気を使う事ものです。

特に気になっている異性を誘う場合、恋人候補と意識している異性であれば特に気を使うでしょう。どこに行こう、どんな風に誘いおうなど考えている時間も恋の楽しみです。恋を楽しむためにどんなふうに女性からデートの誘い方を考えてみたいと思います。漫画やドラマのようにドラマチックな出来事はないかもしれません。けれど、そこに笑顔があればそれはデートの誘い方として正解なのではないかと思います。

折角のデート、最高の笑顔で過ごしたいですね。

従う手順:
1

・恥ずかしさと不安は捨てましょう

デートに誘うとき、ほかの女性に先を越されては元も子もありません。先を越されない為に、誘う「恥ずかしさ」と断られるかもしれない「不安」は捨ててデートの誘ってみましょう。出会いもデートもタイミングです。もっと言えば、結婚もタイミングです。二の足を踏んでいるとそのチャンスを逃してしまうことになります。

一か八かで誘ってみましょう。

2

・場所と時間は男性に

行く場所、集合時間すべて決めてしまっては、男子が面子をつぶしてしまいます。できれば男性に場所と時間を決めてもらいましょう。

そうすることで男性は、リーダーシップを取ることができデートプランを決めるだけでも有意義だと感じることができます。

3

・頼み事を利用してデートに誘う

男性をデートに誘いやすい手段の一つとして「頼み事」を理由にデートに誘いましょう。男性の「女性から誘われると嬉しい」という本能を利用するものですがとても効果的です。「頼み事」を聞いてもらったら「ありがとう」という感謝の気持ちを忘れずに伝えましょう。男性は、感謝されることを好む部分もありますので「頼み事」には必ず感謝をお忘れないようにしましょう。

頼み事の一例として、

☆心細いから付き合ってほしい

☆教えてもらいたいことがある

☆手伝ってもいらいたいことがある

☆プレゼントを一緒に選んでほしい

などがあります。上記の頼み事は、後々お礼に食事に誘うことができる次に繋ぐことができるデートです。

4

・好みを知ること自分を教えること

デートの誘う上で、相手の好みをしらなければ誘いにくいのではないでしょうか?会話ができる状態であれば、会話の中に好みが出てくるはずです。チェックを怠らないようにしなければなりません。

会話ができない状態であっても、デートに誘うときどこに行きたいかどのような食べ物が好みかを聞いて、男性のオススメのお店などを紹介してもらいそこに行くこともよいのではないでしょうか。自分のことを話す→彼のことを聞くという自分を知ってもらいためのアピールと彼からの情報を交互に引き出せることがベストです。

情報提供はギブ&テイクが基本です。相手の事ばかりを聞き出すわけにはいきませんので、ご自身のことを話す準備もお忘れなく。

5

・言い訳なしのストレート勝負

言い訳やもっともらしい誘い方を試行錯誤している時間も楽しいものですが、悩みすぎたらストレートに「デートしませんか?」「二人で遊びに行きませんか?」と誘ってみましょう。ストレートに誘われたことに多少戸惑う男子もいるかもしれませんが、裏工作なしのストレートな誘いに男性は嬉しさを感じることがあるようです。

あれやこれや考えるよりも、素直な気持ちをぶつけた方が、事が上手くいく場合があります。ストレートに伝えることは勇気がいる行動です。断られたらどうしよう、直接伝えるなんて恥ずかしすぎると思うかもしれません。恋愛は弱肉強食です。不安や気恥ずかしさで声をかけずにいると横から「サッ」とさらわれていくこともあるのです。

伝えられるタイミングがきたら、「デート」の誘いの恥ずかしさを捨てて伝えてみましょう。メールよりも直接伝えられたほうが、断られる率が低いとも言われています。メールやLINEのやりとりがない場合、必然的に口頭でのやり取りになります。勇気を出して伝えた一言で、未来が大きく動き出すかもしれません。

女は度胸!恥ずかしがらず伝えてください。

6

・メールやLINEを活用

メールやLINEは、顔を見ずにデートに誘えるため「恥ずかしさ」は直接伝えることに比べれば誘いやすいのではないでしょうか?メールやLINEで誘う際は、男性から「夕方からなら」「午後からなら」など時間が限定にすることも伝えやすい為、「限定」になることもあるはずです。その時は、少しの時間でもデートはデート!もっとゆっくり会いたい、遠くに出かけたかったなどの欲望をグッと我慢し、次回のデートプランへつなぐバトンだと考え予定がなければ受けるとよいと思います。

多趣味の方については、休みの日には既に予定が入ってることが多いのではないでしょうか?「予定をずらせないのか」と感じることもあるでしょう。男性にとって、友達付き合いや趣味の充実は、仕事のモチベーション維持に必要な時間でもあります。モチベーション維持と考えて「理解のある女性」を演じてみてもいいのではないかと考えます。

・○日空いてる?空いていたら遊びに行かない?

・おいしいご飯屋さんみつけたから行かない?

など、あえて短時間で済んでしまうような内容でデートに誘うことで「OK」をもらいやすい状況を作ることができます。

OKをもらいやすい状況を作ることもデート誘うことが成功する方法でもあります。

7

・デートを「出掛ける」に言い換えてみる

デートしませんか?と言われると身構えますが、「出掛けませんか?」と言い換えるだけで出掛けるならとOKをもらいやすいのです。デート→出掛けるだけでなく言い換えるだけでもっと身近なことに感じてもらえる言葉はたくさんあります。

遊ぼう→行ってみない?

行こう!→興味ない?

言い切る形より疑問形にして答える聞きだす形に言い換えたほうが成功の確率は上がるようです。自分の意思を伝えるだけよりも、伝えるプラスお伺いの疑問形の方が印象は和らぎ近くに感じてもらえるのではないでしょうか。

8

デートのお誘いは来ると嬉しいのに、誘う側になるとあれこれと考えばかりがぐるぐる頭の中を駆け巡り踏み出せないこともあります。

誘ったら「肉食系女子」認定されてしまうのではないかなど心配もあるのではないでしょうか。肉食系女子の方が、愛成就確率が高いのです。肉女子系女子にも「自分の意思を突き通すタイプ」「人の意見も聞き入れられるタイプ」がいるようですが、聞き入れられるタイプであれば「がっつり肉食系女子」認定はされないかと思います。時には肉食系女子になる必要もあるのです。デートを誘う場合特に早い者勝ち的なところがありますから、迷う暇はないのかもしれません。

迷って後悔するより、やって後悔するほうが次には進めるのです。

女性からのデートの誘い方と関連した記事をチェックしたい場合は、恋愛のジャンルから探すことができます。

女性からのデートの誘い方に関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

女性からのデートの誘い方
女性からのデートの誘い方

トップに戻る