シェア

初デートでキスする方法

 
投稿者 福山真子. 更新された: 16 1月 2017
初デートでキスする方法

好きな男性や好きな女性との初デートは、とても緊張しますよね。その念願の初デートでキスしたいと思ったこと、または考えたことはございませんか。でもそうしたいと思っても、どうやったらいいんでしょう。これを失敗したら、逆に嫌われてしまい、キスしなきゃよかったと後悔してしまうこともあります。その反対に、初デートのキスがうまくいけば、その後順調に関係が築いていけるかもしれませんね。ですから、初デートでのキスは本当に大切ですね。キスをしたいと思っても、そんなの不可能、そんなの無理と考えている人が多いのではないでしょうか。しかし、それはありえることです。当然、可能ですよ。こちらの記事では、そんなあなたの悩みにお答えし、それからアドバイスもしていますので、初デートの前に、初デートでキスする方法に興味がある方は是非お読みください。

画像:homeneeds.sulekha.com

従う手順:
1

まずは、初デートで会ってすぐにキスをするなんていう、お馬鹿さんはどこにも、いませんよね。色々お互いのことを話したり、時間を一緒に過ごして、それから、まずは手をつないでみましょう。これが、第一ステップです。手をつないで、相手が嫌な反応を示さなければ、キスまでいける可能性大ということになります。でももし手をつなぐのさえ、拒まれたら、それはキスなんて、ほぼ無理と思っていいでしょう。だって、手をつなぐのと、キスをするの、どちらが親密な関係だと思いますか。そうです。キスですよね。手をつなぐのも嫌な相手と、キスなんて普通できませんよね。逆に言えば、キスをできる相手となら、手をつなげると考えるのは正常なことだと思います。なので、まずは手をつないで、相手(男性か女性かわかりませんが)の反応を見ましょう。

2

ここでは、第一のステップ、「手をつなぐ」というのが、できたとしましょう。でも、手をつないだとしても、それが1分、2分程度のものなら、相手は心地よく思っていないということかもしれないので、それでは全然意味がありません。つまり、キスまでもっていくには、長時間手をつないでも嫌じゃない、違和感がないと思う相手じゃないといけません。だから、手をつないだだけで、満足せず、どのくらい長く手をつなげるのか、少し観察してみましょう。

その後もデート中、常に相手の様子を観察してみましょう。つまらなそうにしていたり、無口でそっけなかったり、早く帰りたそうにしていたら、それは危険です。反対に、楽しそうにしていたり、笑顔だったり、ニコニコ受け答え、終始しているようなら、あなたといるのが楽しいということでしょう。この場合、キスまで行ける可能性は広がります。なので、相手があなたと一緒にいて、どんな気持ちなのか、どんな気分なのか、様子を探ってみることです。もし相手が、少しつまらなさそうにしていたり、飽きてきている様子だったら、楽しいお話をしてみたり、何かジョークを言ったり、相手をほめたりして、喜ぶ言葉をかけてあげて、相手から笑顔が返ってきたら、いい雰囲気になりますね。そのように、努力してみましょう。もちろん、そんな努力をしなくても、自然にそれができたら、一番いいのですが、時には好きな人、好きな相手の気を引くのに努力しないといけません。それは普通のことなので、努力して、相手の気持ちが少しでもこっちに向いてくれるようにしてみましょう。頑張ってください。

3

次はキスをする場所をお話、またはアドバイスしましょう。誰でもロマンチックな、素敵なところでキスをしたいと思いますよね。だから場所には、とことん、こだわりましょう。キスをする場所は、どこでもいいというわけではありません。例えば、人ごみとか、電車の中、道の真ん中、レストランなどで、どこでもいいから、キスをしようなんて考えてはいませんか。それは、絶対にダメです。場所は、やっぱり選びましょう。お勧めの場所は、レストランの個室とか、車の中とか、夜景が見れる所など、二人きりになれるような所、つまり特別な場所を選びましょう。その場所がステキな場所なら、その場所が今後とも二人の思い出の場所になること、まちがいなしです。事前に、そのようなステキな場所を見つけて、調べ上げ、それをデートコースに入れておけば、なおいいでしょう。それくらいの準備が、初デートでキスをするには、必要なことですよ。

 

4

その次は、キスをする時間、つまりタイミングをお教えしましょう。朝、昼、夜、選べるならいつがいいでしょうか。想像してみてください。デートで朝、つまり午前中、キスのと、午後、キスするのどちらがいいですか。どちらも微妙ですね。まあ、悪くはないのですが、そりゃ、やっぱりできれば、夜がいいでしょう。なんでかって、それは、やっぱり夜の方がもっとロマンチックだし、気分も盛り上がるし、キスにぴったりでしょう。ですから、時間帯にも気を使ってみましょう。

5

そして、いざキスをする時が、来たとしましょう。もちろん、ここに来るまでには、上記に書いたことを全部クリアしてこなければいけませんよ。じゃ、いざキスをできそうな雰囲気になってら、優しく、しかし素直に直球で「ねえ、ねえ、キスしていい?」と聞いてみましょう。色々な誘い方があると思いますが、ここは直球で行くのが、回りくどい言い方よりいいと思います。それで相手の反応をちょっと待って、もし、「いいよ!」と返事がくれば、どうぞ、してみてください!よかったですね。皆さんがそうなることを心から願っています。しかし、もちろん皆さんがそうなれるという訳では、残念ながら、ないですね。もし断られたら、どうしましょう。それは大変です。しかし、このようなことが起こることも十分ありえるので、その場合のこともよく事前に考えておきましょう。もしキスを断られたら、気まずくなりますね。どうやって、あなたは言葉を返して、反応しますか。色々な反応の仕方、色々な返事の仕方があると思いますが、「そうだよね。初めてのデートで無理なこと言って驚かせて、ゴメン。」などと謝るのが、その場をうまく取り繕う方法だと思います。そうしてみましょう。初めてのデートでキスを断られたからといって、その先、お先真っ暗という訳ではないので、そんなに落ち込まないでください。その後また頑張りましょう。

初デートでキスする方法と関連した記事をチェックしたい場合は、恋愛のジャンルから探すことができます。

初デートでキスする方法に関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

初デートでキスする方法
初デートでキスする方法

トップに戻る